今すぐ3Dプリントをお見積り 今すぐお見積り!

エラーとなるデータについて

こちらではエラーとなる3Dデータ(STLデータ)と、その修正方法について説明いたします。

エラーとなるSTLデータ(3Dデータ)とは

エラーとなるデータは大まかに下記の6つです。ご注文前にご自身で確認し、ご修正をお願い致します。

サーフェス(ソリッド状態のデータ)について

  • NURBSやベジェ、サブディビジョンサーフェスなどでモデリングされている場合には、STLもしくはOBJ形式にデータを変換する際に、サーフェスデータはポリゴンメッシュ化されます。
    その際、サグ値は0.01mm程度に設定すれば、造形に適した精度で変換が可能です。

ソリッドになっていないデータ

STLデータ(3Dデータ)はソリッドになっていないと造形することができません。

対処法について

  • 1.ご自身で一つ一つ修正
  • 2.3Dデータ修正ソフトを使って修正

3Dデータ修正のおすすめソフト:「netfabb」と「MoNoGon」について

netfabb
穴を埋めるなどの簡単な修正がすぐにできます。
購入・ダウンロードはこちら:https://www.autodesk.com/products/netfabb/overview
MoNoGon
netfabbよりも細かい修正を行うことができます。1日ライセンスがあり、普段お使いのソフト/ アプリケーションでの編集に戻ることなく、そのまま修正作業ができます。
購入・ダウンロードはこちら:http://www.quatouch.com/products/monogon/index.html

よくある3Dデータのエラーの例

  • 例1:面が欠けている

    画像のグレーの部分には面が貼られていますが、 赤く見える箇所には面が存在していない状態です。形状が閉じられておらず、ソリッドになっていないため、造形ができません。
    面が隙間なく貼られている状態のデータになっている必要があります。

  • 例2:不要な面データが残っている

    不要な面を削除していただく必要があります。

1つのシェルになっていないデータ

下図のように、複数のシェルが重なって2シェルの状態になっているデータは3Dプリントできません。基本的に3Dプリントをするための3Dデータ(STLデータ)は1シェルでなければなりません。

対処法について

内部の空間がひとつになるように作成して下さい。一見同じように見えるシェルも、断面図で見ると確認しやすくなります。

  • シェルが重なり、2シェルになっている3Dデータのイメージ

  • 内部空間がきちんとつながり、1シェルとなっている3Dデータのイメージ

ファイルサイズが大きすぎるデータ

ファイルサイズが100MBを超えるSTLデータはアップロードいただけません。

対処法について

必要以上に解像度が高いSTLデータになっている可能性がございます。
お客様にてリダクション(STLデータのポリゴン数を削減し、データを軽量化すること)を行ってください。

リダクションには、下記のような方法をお客様にてご検討ください。どの程度までポリゴンを削減・解像度を下げられるかは、造形品の大きさや形状によって変わります。
リダクションを行っても、必ずしもファイルサイズを100MB以下に下げられるとは限りませんのでご注意ください。

リダクションの実施方法について

  • STLデータを3Dデータソフト・アプリケーションから出力する際に、三角数削減などの処理を行う
  • 3Dデータソフト・アプリケーションで表示の設定、3D精度などの設定を調整をする
  • 無料のソフト・アプリケーションでメッシュ数を減らす
  • 完成直後のポリゴン数・解像度が高い3Dデータ

  • 修正を行い、ポリゴン数・解像度の削減に成功した3Dデータ

面の法線が揃っていないデータ

  • 3Dプリンターで造形するポリゴンメッシュデータは、面の法線が揃って外側を向いている必要があります。
    面の法線が揃っていないデータはエラーになりますので、ご注意下さい。

最大・最小造形サイズ範囲外のデータ

最大・最小造形サイズ範囲外の3Dデータは、自動見積りができません。各材料(造形方式)の造形可能な最大サイズは下記の表をご参照ください。

造形方式 W D H 材料名
光造形 495mm 495mm 200mm ABSライク、透明材料
粉末造形 200mm 200mm 200mm PA12、PA、PP、ゴムライク
インクジェットUV硬化 120mm 170mm 150mm アクリル

※最小サイズ:縦、横、高さの合計が45mm以上、一辺は最低1mm以上になるようにデータを作成してください。

会員登録なしでお見積り
金額がすぐに確認できます!

INTER-CULTUREの自動見積りシステムは、3Dデータのアップロードと材料情報を選択するだけで、すぐに価格が確認できます。

とりあえず今すぐ価格を把握したい方、スケジュールを早く立てたい方に非常におすすめのシステムです。

自動3Dデータ評価のイメージ

自動見積りフォームへ

PAGE TOP