完成した基本ポーズのモデルです。 このデータにZBrushでポーズを付けていきます。

ーマスク機能を使っての形状作成ー ZBrushでモデリングする際に多用するものの一つに、 マスク機能があります。Ctrlボタンを押しながら3Dオブジェクト上に ストロークを描くと、マスク領域をペイントすることが出来ます。

ーサブディビジョンレベルについてー ZBrushに読み込んだ基本データは上図のような感じです。 この状態ではポリゴン数が少なすぎるので、細かい部分は 作り込んでいけません。 ZBrushではToolパレットのGeometryサブパレットで ポリゴンの分割数を増やしたり減らしたり出来ます。