(Vol.1から読む方はここをクリック♪) 前回までの作業で パーツの複製が出来たので、 それを仕上げていきます。 ラストスパートです。

前回テスト造形したデータは高さ200mmでしたが、ちょっとインパクトが小さかったので、 本番の造形では高さを300mmまで拡大することにしました。

ーSTLデータの書き出しー それでは、完成したモデルを立体造形用のデータに書き出します。 ラピッドプロトタイピングで立体造形するには モデルをSTLデータに変換する必要があります。