それでは、前回磨きが完了した造形品を接着し、 サーフェイサーを吹いていきます。