BLOG割作品No.1 プラモデル系パーツ (光造形7810)

By in 作品紹介 on 2011年1月18日

皆さん、こんにちは。お問い合わせ窓口の神田です。
今回からBLOG割の作品紹介を行っていきます!




第一回目の作品は、こちらです。


今回の依頼は光造形の微細形状再現が保証できないほどの

微細形状が多数あるデータでした。

お店で売られているプラモデルのように精巧で、

一体どんな風にお使いになるのだろう?とわくわくしながら

製作をさせていただきました。

INTER-CULTUREではデータチェックの際に、

形状が再現されない可能性のある部分などが見つかった場合は

ご注文確定前にお客様にお伝えしています。

光造形では樹脂にもよりますが、
平面(X-Y)方向で0.4mm以下、
積層(Z)方向で1層分の0.15mm以下
の形状は再現されない可能性が高いです。

今回の製作では形状が再現されない可能性があることを伝え、

データを修正していただくか、そのまま作るかをお伺いしました。

今回は、事前のご確認で「できなり」で作りたい、とのご要望をいただき

そのまま製作に入らせていただきました。

以下は、工場の製造担当者のコメントです。

製造する方としましても、どの程度の再現度で造形されるか興味がありました。

結果的には、細かいライン形状や、ボルト形状もしっかり再現されていて驚きましたね。


寸法が0.2mm以下の形状もありましたが、極微細形状も再現することが出来ました。

詳細形状が平面にある場合は造形限界よりも再現できることが多いです。

(注)同様の微細形状の再現を必ずお約束する物ではございません

ご協力いただいたお客様、有難うございました!

INTER-CULTUREでは、こうしてBLOGで作品を紹介していただける場合に

3次元プリントが1割引となるBLOG割を用意しています。

どうぞご利用下さい!

また、お客様のご注文の後工程に

データチェックをして注文確定となりますので、

データがきちんと造形できるか不安な場合でも

お気軽にデータをアップロードして頂ければと思います。

割引の詳細は コチラから

Pocket