今すぐ3Dプリントをお見積り 今すぐお見積り!

自動見積り/自動3Dデータ評価フォーム

ご希望の材料を選択し3Dデータをアップロードするだけで、お見積り金額の即時算出・自動で形状再現率の評価をいたします。
お見積り後はそのままご注文していただけます(ご注文には会員登録が必要です)。

自動見積り/自動3Dデータ評価フォームを利用してご注文できる造形品は下記の通りになります。
※アクリルは自動3Dデータ評価のみ非対応

【シェル数】30個まで

【材料】
・粉末造形(HP Jet Fusion):PA12
・粉末造形(SLS):PA、PP、ゴムライク
・光造形(SLA):ABSライク、透明
・インクジェットUV硬化:アクリル

【サイズ】
・PA12、PA、PP、ゴムライク:200×200×200(mm)
・ABSライク、透明:495×495×200(mm)
・アクリル:120×170×150(mm)
※最小サイズ:縦、横、高さの合計が45mm以上、一辺は最低1mm以上

大変お手数ですが、上記に該当しない造形品をご希望の場合は「お問い合わせフォーム」より3Dデータを添付の上、ご相談くださいますようお願い申し上げます。

材料を選択し、3Dデータをアップロードするとここに結果が表示されます。

※3Dデータのファイルサイズや形状、通信環境により、
お見積り金額/自動3Dデータ評価結果表示に1分~10分程度かかる事があります。

会員登録またはログインをしていただくと、
お見積り金額の表示だけでなく自動3Dデータ評価がご利用頂けます。

会員登録をしていただくと、お見積り金額の算出だけでなく、3Dプリント時の形状再現性を自動評価できます。
その他にもお見積り保存機能のご利用や、すぐに3Dプリントのご注文手続きにお進み頂けます。
ぜひこの機会に会員登録をお願い致します。

「自動見積り/自動3Dデータ評価システム」とは?

INTER-CULTUREの自動見積りシステムは、材料の選択と3Dデータのアップロードをするだけで、すぐにお見積り価格が確認できます。
会員登録をしていただくと、お見積り金額の即時算出だけでなく、3Dプリント時の形状再現性を自動評価できます。
自身で評価結果を確認し、懸念事項の潰し込みが可能です。

  1. 1.会員登録なしで利用できます

    価格のみのご確認なら会員登録不要でご利用いただけます

  2. 2.会員は3Dデータ評価が利用可能

    3Dデータ評価システムを利用する事でデータの隅々まで再現可能かチェックできます

  3. 3.お見積り後はすぐに注文OK!

    会員登録を済ませておくとご注文手続きをスムーズに行うことができます

「自動見積り/自動3Dデータ評価システム」の使い方

1.会員登録なし または 未ログイン時の場合

  1. STEP1.フォームにアクセス

    STEP1

    ログイン不要です。ぺージ上部のアップロードエリアを表示してください。

  2. 材料選択&アップロード

    STEP2

    材料を選択後、3Dデータをアップロードしてください。

  3. お見積り金額表示

    STEP3

    アップロードが終わると、すぐにお見積り金額が表示されます。

  4. 他材料への変更

    STEP4

    材料を選び直すだけで、他材料によるお見積り金額もすぐに確認できます。

2.会員の方で、ログイン済みの場合

  1. フォームにアクセス

    STEP1

    ログインを済ませ、ぺージ上部のアップロードエリアを表示してください。

  2. 材料選択&アップロード

    STEP2

    材料を選択後、3Dデータをアップロードしてください。

  3. 金額と評価結果を表示

    STEP3

    アップロードが終わると、お見積り金額と3Dデータ評価の結果が表示されます。

  4. 条件の設定&材料変更

    STEP4

    必要に応じて材料の変更や、ファイル内パーツ数の設定を行ってください。

  5. ご注文へ

    STEP5

    ご注文個数を選択し、カートに入れるボタンを押してください。

自動見積り/自動3Dデータ評価を使ってみる!※ページ最上部にスクロールします

ページトップに戻る

1.アップロードデータについて

  • アップロードできるデータは、STL形式のデータのみとなります。

  • アップロードデータのファイルサイズは上限100MBです。これ以上の場合「お問い合わせフォーム」よりご相談ください。

  • アップロードデータのファイル名に使える文字は、半角英数字および「_(アンダースコア)」、「-(ハイフン)」のみです。スペースは使えません。

2.自動見積り/自動3Dデータ評価について

  • 自動見積り/自動3Dデータ評価の対応材料は、PA12、PA、PP、ゴムライク、ABSライク、透明、アクリルです。
    ※アクリルは自動3Dデータ評価のみ非対応となります。

  • 自動3Dデータ評価は、SOLIZE株式会社の経験、ノウハウに基づき自動で実施します。
    サービスの特性上、自動評価結果の表示に待ち時間が発生する場合があります。

  • ログインしていない場合、自動見積りのみのご利用となり3Dプリント金額のみが表示されます。
    自動3Dデータ評価を利用される場合はログインを実施してください。

  • 3Dデータにエラーがある場合、自動見積り/自動3Dデータ評価ができない場合があります。

  • 材料の選択と3Dデータのアップロード後、お見積り金額が表示されます。

  • お客様が、ご自身の3Dデータが3Dプリントに適することをご判断いただけるよう、評価結果を数値化したものであり予測値でもある為、製品の品質を完全に保証するものではございません。目安としてご理解ください。

3.3Dプリンター品の品質について

数量間違い、品違い以外の理由での返品交換は受け付けておりません。
組付け保証、寸法保証・検査、後加工、その他ご要望がある場合は、SOLIZE株式会社にて承ります。

  • 形状再現について

    • 0.8mm未満の微細形状は再現できない可能性があります。

    • ご注文の際は、自動3Dデータ評価にてデータの微細形状の再現性についてご確認いただけます。
      ※ただし微細な段差については、自動3Dデータ評価にて検出できない場合がございます。

    • 各材料の詳細な再現目安については各造形方式のページにてご確認いただけます。

  • 造形方向について

    • INTER-CULTUREでは、造形方向は弊社にて品質、生産性を考慮し決定いたします。

    • 同じ製品をご注文いただいた場合でも、造形方向が異なる場合がございます。

  • 寸法精度や形状正確性について

    • 3Dプリントしたパーツは通常±0.3mmないし0.3%程度のいずれか大きい方の誤差が発生します。

    • 形状によっては、より大きな伸縮、反りが発生する可能性があります。

    • INTER-CULTUREでは反り変形、精度保証及び組み付けの保証はしておりません。

  • 寸法検査について
    • プロフェッショナルプラン(5日後発送と3日後発送)については寸法検査を実施しております。

    • 任意箇所の測定をし、公差内におさまっていることを確認して出荷します。

    • 公差は以下の通りになります。

      • ~120㎜:±0.2㎜

      • 120㎜~400㎜:±0.5㎜

      • 400㎜~1000㎜:±0.8㎜

    • 片側公差や幾何公差については対応は出来ません。

4.自動3Dデータ評価の内容と見方について

自動3Dデータ評価システムとは、3Dデータにある形の造形再現が難しい箇所に色付けをし、視覚的にご確認いただけるようにしたシステムです。
3Dデータの評価は、データアップロード後の画面に表示する3Dビューワー内に表示します。
自動3Dデータ評価は以下の3種類のチェックを実行し3Dビューワーに結果を表示します。

1.薄肉/凸微細形状チェック
2.溝/微細凹形状チェック
3.中空構造チェック
4.3Dデータエラーチェック
微細な段差は、一部、薄肉、溝チェックに引っかからないことがありますが、造形方向により再現されない可能性がございます。
それぞれの評価項目について詳しくはこちらをご確認ください。

※造形時にかかる熱などによる反り・変形や寸法のぶれ、積層段差による再現性、サポート構造による造形品への影響など、上記3項目以外は評価の対象とはなっておりませんので予めご了承ください。

再現できなかった造形品の例

青い反応部分...スリッドが狭すぎるため埋まる、赤い反応部分...薄肉により再現不可

  • 埋まり
    埋まりによる造形失敗例のイメージ。溝の厚さが0.15mmや0.3mmしかなく、正しく造形できていない。

    溝が狭すぎる部分が青色に反応し、実際の造形品は溝が埋まった状態で再現されてしまっています。

  • 薄肉欠損
    薄肉欠損による造形失敗例のイメージ。突起の厚さが0.15mや0.5mmしかなく、正しく造形できていない。

    赤く色付けされた文字部分は凹凸が薄く、実際の造形品ではうまく再現されませんでした。

自動見積り/自動3Dデータ評価を使ってみる!※ページ最上部にスクロールします

ページトップに戻る

PAGE TOP