それでは、造形品の磨きに取り掛かりたいと思います。 今までは、PCのモニタの中でのデジタルな制作作業が続きましたが、 今後は完全にアナログな手作業になります。 私は造形品の仕上げ作業はやったことが無かったので、 これからは手探り状態での作業となります・・・