前回までの作業でシリコンでの型取りができたので、次に 樹脂注入時に型から空気が抜ける様に、型に空気穴を作ります。 実は、注型の作業をするにあたって、できるだけ失敗が少なくなるように、 最初の段階で形状が単純な台座部品を使用して、型取り~複製の工程を 一通り行っていました。

前回までの作業でシリコン型の片側が出来たので、 もう片方の型を作っていきます。

ラピッドプロトタイピングで立体造形する際に必要なデータ形式は STLです。