今回は「造形データに問題はないけど、3Dプリントする際に問題になっちゃう」 かもしれないポイント、いわゆる出力ノウハウってやつですね。 これについて解説していきます。

今回はデータの寸法についてです。【製品のサイズが造形に適さない】 このパターンの不具合は大体、寸法が異常に小さいケースが殆どです。

今回はデータエラーに関するお話の続きです。 インターカルチャーに頂くデータの中で、一番多く見られるエラーは 「シェルが一つになっていない」と言うモノです。 その次くらいに多いのは

みなさんこんにちは!朝倉です。 今回は、モデ子ブログはなんだかんだ言って初心者には難しいよ・・・(涙)という声にお応えして、 Google SketchUpで簡単な雑貨を作ってみようと思います。 かかる時間は、なんとトータル約1時間40分!! ※人により多少の差が生じますが、私はどちらかというとのんびり屋さんです。それではさっそく始めましょう!

3Dプリントをする際に問題になるケースで、代表的なものは おおよそ4つに分類することが出来ます。

皆様はじめまして、この企画を担当することになりましたモデ子です。