今回は、ご注文〜3Dデータチェック〜結果報告までの流れを、 画像を交えた解説で、具体的にご紹介します。 複数パーツでも、ランナー無しで入稿OK! 造形範囲内であれば何個でも配置OK!なのですよ! 微細形状の再現例なので、感覚的には上級編になりますが、 初めての方も、これで何となく注文後の流れをイメージして頂けると思います。

Sculptrisで作成したデータがどうしても1シェルにならない(ノ△・。) というメールを頂きました。解決までのお話しをひとつ。

単体で使用するモノでは特に問題にならないのですが、 複数のパーツを組み合わせて使おうと考えた時に必ず考慮しなければならないのが 「クリアランス【clearance】」の問題です。

今回は、「微細な形状」や「鋭角な形状」の上手な再現方法です。

たいていのデータには、どこかしら細かい形状部分があるはずです。 よく「神は細部に宿る」と言われますけど、こういう細かい部分を上手く 再現出来れば、品質はやっぱり一段上がります。 それに、

今回は「造形データに問題はないけど、3Dプリントする際に問題になっちゃう」 かもしれないポイント、いわゆる出力ノウハウってやつですね。 これについて解説していきます。

今回はデータの寸法についてです。【製品のサイズが造形に適さない】 このパターンの不具合は大体、寸法が異常に小さいケースが殆どです。

今回はデータエラーに関するお話の続きです。 インターカルチャーに頂くデータの中で、一番多く見られるエラーは 「シェルが一つになっていない」と言うモノです。 その次くらいに多いのは

3Dプリントをする際に問題になるケースで、代表的なものは おおよそ4つに分類することが出来ます。