3Dプリントン

Sculptris‬ (スカルプトリス)で3Dプリント Vol.3

Sculptrisでモデリングし、Blenderでサイズ調整を行って出力した
「3Dプリントン」の造形品が出来上がってきました!



前回記載し忘れたのですが、ひとつ モデリングあるあるをご紹介します。

「Sculptrisでモデリングしてると
オブジェを小さくしてしまいがち」


前回、インターカルチャーの自動見積りにデータをアップしてみた時に
「造形可能外サイズ」というエラーが出ました。
全体像が2〜3mm程の大きさだったのです。

そんな小さなプリントンはちょっと・・・

というわけで、Blenderで大きさを調整するのですが、ひとつ注意点があります。

写真等の(二次元)印刷に置き換えると解りやすいと思いますが、
画像の解像度が低いと、きれいに印刷できませんよね。
それと同じうように、造形する時も「ポリゴン数」というものが重要になってきます。
→ポリゴンメッシュ解像度の詳細はこちら

ですので、一度Sculptrisで開いてオブジェを拡大して保存、
それをBlenderで開いて大きさ指定し、入稿しました。

(大きいものを小さくする分にはきれいに出力できるので。
かといって、過剰に大きくするのはNGです。ほどよく。)


全体をプリン色に染色、頭のカラメルソースと目は
アクリル絵の具で描き描きしました!



か・・・かわええやないか。(*´∀`).。o



ばしばし写真撮影しました。グラビアか ってほどに。

てか、グラビアアイドルっぽくしてみた。

でも3Dプリントンは男の子です。
機会があれば、プロフィール公開します。

Pocket