バイクのカスタムパーツを3Dプリント!

はい、というわけで今回はバイクを愛してやまない社内のKさんが
インターカルチャーでバイクのパーツをオーダーしてくれました!

ic-e1372836885813


この形・・・これは、何の部品で、どこに使うのでしょう?

市販の汎用パーツを、組み合わせて、バイク本体に固定するためのパーツです。
ツーリングの時など、長時間乗っていると風の抵抗がけっこうきついんですよ。
そこで、大きめの風よけをカスタマイズしよう、と考えました。

おお、なるほど〜!
材料は何を選んだのですか?

風の力を大きく受ける箇所なので、車の試作に使われる程丈夫な
ナイロン(PA)を選びました。
実際のドライブでもしっかりと風に耐えてくれ、大満足です。

大型バイクに乗るカッコイイ彼女と、よく長野へツーリングに行くそうです(∩ ゚д゚)。よ

いやぁ、カッコイイバイクですねー!!
ちなみに、モデリングソフトと、モデリングにかかった時間は?

CATIAというCADソフトを使ってモデリングしました。
単純な形状だったので20~30分で出来たと思います。

工夫したところはありますか?

バイク本体の流線型にパーツがピッタリ合うよう、曲面のモデリングを工夫しました。
3Dプリントは、難しい図面を描けなくても3Dデータさえ用意できればいいので、
その点こだわりました!

次はこうしたい、という点があれば教えてください。

カウル(外装)をフルカスタムしてみたい!
3Dプリントは、「愛車を自分だけの1台にカスタマイズしたい」
そんなクルマ好き、バイク好きの方にもおすすめですよ!

ウゥーン、なんて楽しそうなんだ!
みんなも、レッツ、チャレンジよん。

Pocket