3Dデータ作成のコツ〜データのエラー編

By in 3Dデータ作成のコツ on 2011年6月7日

3Dプリントをする際に問題になるケースで、代表的なものは
おおよそ4つに分類することが出来ます。



【データが1つのシェルになっていない】

【面が裏返ってしまっている】

【製品のサイズが造形に適さない】

【微細形状の再現が出来ない】

それぞれがどのようなエラー内容なのか判りますでしょうか?
(判る方は大丈夫です。今すぐインターカルチャーのサイトで出力してみましょう!

「チンプンカンプンで良く分からないなぁ~」というあなたっ
ご心配なく( ゚∀゚)彡

今回は、この代表的なエラーの内容と、解決方法について、順番に解説して行きたいと思います。
ぜひ、最後まで読んでみてください。
では、早速1つ目のエラーについて見ていきましょう。

【データが1つのシェルになっていない】

基本的に3Dプリントする為のデータ(.stl)は、シェルが1つになっていなければ駄目なんです。

ところが、二つのシェルが重なった状態でも、一見(いっけん)1つのシェルに見えてしまい
区別がつき難いのです。実はこれが問題です。

INTER-CULTUREで行う造形データチェックに多いのはこの
「複数のシェルが重なって一つのシェルに見えている」ケースです。

下図のように、複数のシェルが重なって、2シェルの状態になっているデータです。
基本的に、3Dプリントするためのデータ(.stl)は、1シェルでなければなりません。

造形データのエラー
下図のように、内部の空間がひとつになるように作成して下さい。
一見同じように見えるシェルも、断面図で見ると、1シェルか複数か確認しやすいでしょう。

造形データのエラー2
こちらもご覧ください。

では次に、1シェルになっているかを確認する方法をご紹介します。

データ作成したソフトでも、よくよく確認すれば発見出来るとは思いますが、
簡単にシェルの数をチェック出来るフリーソフトMiniMagics 3.0を使用してみましょう。

3Dプリントを行う上で何かと重宝するソフトですので、ぜひインストールしておきましょう。

早速.stl形式のデータを読み込ませてみましょう。

a


(STLデータは画面左上の赤丸内のアイコンをクリックするか、
画面の上にファイルを直接ドロップする事で開けます)

データを読み込ませた状態で、MiniMagics右側のツール画面の中の、
「パーツ情報」タブをクリックしてみてください。

a

a

そうするとタブ画面、左下に「シェル」と書かれた項目が有ると思います。
ここに表示されている数字が、読み込まれたデータに含まれているシェルの数です。

a

a

1つになっていますか?

ここで、シェルの数が2個以上と表示された場合は、そのままでは3Dプリントが出来ませんので、
一旦データを作成したソフトに戻って、頑張って重なっている不要な部分を取り除き、
1シェルになるように修正しましょう。

さて、少し長くなってしまったので、今回はここまで!
次回以降は残りの

【面が裏返ってしまっている】

【製品のサイズが造形に適さない】

【微細形状の再現が出来ない】

3つのエラーについて説明していきます♪
(中村)


☺☺続きはコチラ☺☺疑問を解決して Let’ 3D printing !データのエラー編2

Pocket