はじめての方へ

インターカルチャーを選ぶ理由

安心の老舗

インターカルチャーは、業界25年以上の歴史を持つSOLIZE Products株式会社が運営しています。
工業、医療、自動車業界など、様々な受託製造サービスの実績があります。

ハイエンドな3Dプリンターをお得に利用できる理由は、寸法保証・検査表がなく、
納期が長めだからなんです。寸法保証、検査表、短納期をご希望の場合はお問合わせ下さい。

⇒⇒ 保有3Dプリンターと導入・製作事例はこちら

懸念事項がある場合は、3Dプリント前に必ずお知らせ

不具合がおきそうな3Dデータの場合、必ず詳細な資料をお送りしています。
だから「出来上がってみてガッカリ・・・」なんてことはありません。
ご自身での修正が難しい場合は別途承ります。お気軽にご相談下さい。

⇒⇒ 3Dデータのエラーについて

充実の割引サービス

初めての方も、リピーターの方にも割引サービスを行っています。
もちろん、学割もあります。

⇒⇒ 3Dプリントの料金・割引サービス

3Dプリントできるサイズ

  W D H 材料名
光造形 495mm 495mm 200mm ABSライク(7810) / 透明(7870)
粉末造形 200mm 200mm 200mm ナイロン(PA) / ゴムライク(FLEX) / ポリプロピレン(PP)
ウッドライク 250mm 300mm 200mm RPW
3Dプリンター 120mm 170mm 150mm アクリル
※最小サイズ: 縦、横、高さの合計が45mm以上、一辺は最低1mm以上


※最大・最小造形サイズ範囲外の3Dデータは、自動見積りでエラーになります。
※自動見積りにアップロードできる最大ファイルサイズは80MBです。
それより大きい場合は、ストレージサービスをご利用下さい。



積層ピッチ

光造形機(ABSライク、透明):0.15mm
粉末造形機(ナイロン、ポリプロピレン、ゴムライク):0.1mm
粉末形機(ウッドライク):0.15mm
HD3500(アクリル):0.032mm
ZPinter(フルカラー石膏):0.1mm

※3Dプリント材料の詳細

3Dプリント料金の目安

 価格の目安  W30mm×D50mm×H20mm W55mm×D100mm×H35mm W80mm×D150mm×H50mm
光造形(7810/7870) ¥5,100 ¥8,700 ¥17,600
粉末造形(PA/PP) ¥5,100 ¥5,700 ¥10,500
粉末造形(FLEX) ¥5,500 ¥10,800 ¥28,200


光造形で再現できない様な細かい形状は、アクリルがお勧めです。
 価格の目安  W15mm×D30mm×H10mm W30mm×D50mm×H20mm W30mm×D50mm×H20mm
3Dプリンター(アクリル) ¥8,000 ¥12,800 ¥19,600

複数パーツのアップロードについて
複数パーツをお得に3Dプリントする方法も載ってます♪



納期

基本は2週間です。納期プランについては、こちらをお読み下さい。
土日を含んでの換算になります。例:1/1に通常納期でご注文の場合1/13発送



「3Dプリンター」と「造形機」は違う?

同じです。
インターカルチャーでは、業務用のハイスペックな3Dプリンターを使用しています。

3Dプリントとは、CGやCADソフトで作成した3Dデータをそのまま形にして出力できる
手法を差し、正確には「積層造形法(rapid prototyping)」といいます。

たとえば、紙の印刷(2Dプリンター)は、一枚で完結させそのまま出力しますが、
3Dプリンターは、薄い断面を何層にも積み重ね形にして、出力する様なイメージです。
型や切削は必要ありません。


Item Name



3Dプリントの技術を使えば、こんな不思議なものもできる!

こんなふうにどこにも切れ目のない形が作れるんです。アイデア無限大!
3Dプリントならではの特徴を上手に使って、わくわくする様なものづくりをはじめましょう。




粉末造形機のしくみ

粉末造形機のしくみ

細かい形状の再現性は?

粉体を溶かしていくレーザーの幅より小さいものは製作できないため、 厚みが0.8mm以下の
細かい形状は、再現できない場合があります。
また、溝のような凹形状は幅が0.8mm以下の場合、穴形状では径が1.5mm以下の場合、
埋まってしまう可能性があります。


中空の形状は?

粉を積み上げながら形状を作っていくため、 周囲が完全に閉ざされた完全な中空形状は
内部の粉を取り除くことができず、 内部に粉が残ってしまいます。


寸法は?

±0.3mmないし0.3%程度のいずれか大きい方の誤差が発生します。
※寸法精度や検査表が必要な場合は別途承ります。






光造形機のしくみ

光造形機のしくみ

細かい形状の再現性は?

樹脂を硬化させるレーザーの幅より小さいものは製作できないため、厚みが0.8mm以下の
細かい形状は再現できない場合があります。
また、化学反応が進みながら形状ができていくため、溝のような凹形状は幅が0.8mm以下の場合、
穴形状では径が1.0mm以下の場合、埋まってしまう可能性があります。


中空の形状は?

樹脂を薄く積み上げながら製作していくため、周囲が完全に閉ざされた中空形状は
内部に液体の樹脂が残ってしまします。
また、作る途中で形状が液体の中で流されないように、 サポート( 支持形状 )も作っていくため、
複雑な内部形状などにはサポートが残ってしまう場合があります。


寸法は?

±0.2mmないし0.2%程度のいずれか大きい方の誤差が発生します。
※寸法精度や検査表が必要な場合は別途承ります。


PAGE TOP